人生観/雑記 海外就職/キャリア

【若手社会人向け】人生やキャリアに悩んだ時に、腐らず自分を保つ方法(今すぐできる)

投稿日:2019年5月30日 更新日:

 

こんにちは、Ryota(@ryota0406)です。

もう5月も終わりに差し掛かり、新社会人はやっとリズムに慣れ、入社2~3年目は後輩もでき環境も何かと変わった時期かと思います。

でもこの時期って、いろいろ悩みや考えることも多くなると思うんですよね。

  • とりあえず新卒でこの会社に入ったけど、今後のキャリアプランはどうしていこうか?
  • 仕事は覚えてきたけど、学生時代や入社前に描いていた理想に近づけているだろうか?
  • とにかくこのままでいいのかとモヤモヤするけど、特にどんなアクションをすればいいかわからない


これまでの先輩たちも含め、多くの若手社会人が通る道だと思います。

仕事はやれば覚えるし、スキルも身につくし、この時期はとにかくがむしゃらにやるべき、というのはその通りだと思います。

でも一方で、「自分の人生に向き合う時間」は格段に減り、気づけば自分が誰で、何をしたいのかがわからなくなってしまうパターンも実は結構あったりします。

この記事では、目の前の仕事には真剣に取り組むのは前提としつつも、「腐らず自分を見失わないために意識すると良いこと」について、僕の実体験(比較的モヤモヤ度高め)をもとに書いていきたいと思います。

先日こんなツイートをしました。

https://twitter.com/ryota0406/status/1133588573750382593?s=20

海外駐在後、日本でモヤモヤしてた時に腐らず自分を保てた方法

・半年に一度アジアに行き意思を確認
・志高い起業家、実業家の友人を持つ
・週1で自分と向き合う時間を確保
・最も仲の良い友人3人を大切に
・気が乗らない飲み会は断る
・筋トレで精神衛生を維持

悩めるなら、行動と内省のバランスを

では、この中から特に重要だと感じたものを3つピックアップし、深掘りしていきます。

どれも今すぐ着手可能なものです。

 

【若手社会人向け】人生やキャリアに悩んだ時に、腐らず自分を保つ方法(今すぐできる)

1.【刺激しあえる環境を外部に持つ】志高い起業家、キラキラした同年代の友人を持つ

より自分らしく生きている同年代に、思いっきり嫉妬する

社会人デビューの頃は大体みんな同じ位置からスタートするけど、数年もすると目に見える差が出てきます。

  • ① 入った会社で生き生きと働き、ちょっと成果を出せちゃう人
  • ② (一握りだけど)自分で事業を始めちゃう人
  • ③ 学生時代とのギャップにモヤモヤ苦しむ人(これが大多数)

僕もまさに③でした。それも長いこと。で、①や②の人が猛烈に羨ましくなる。

でも、ここは素直に、猛烈に嫉妬していいと思うんです。

うまくいっている(実際陰では苦しみつつも、努力していることが多い)彼らに会い、話を聞き、刺激をたくさん受ける。

ここで何くそ根性が湧き上がってくれば、あなたの心はまだ死んでいない証です。

 

もちろん、自分がうまくいっていない時に他人と比較するのはとても苦しいこと。

でも、自分の中から火を燃やし続けるのがしんどくなったら、外から着火剤を取り入れるのは今思えばとても有効だった気がします。

僕の場合は幸運にも、若くして起業した幼馴染や、大企業で最速出世街道を歩む優秀な友人がいたので、後ろめたい気持ちに鞭打って、ネガティブなオーラは出しすぎないようにして、彼らと積極的につるむようにしました。

ここで大事なのは、今頑張っている自分をちょっとでも認めてあげること、そして、ポジティブな気持ちでこのコミュニティを維持すること。(ネガティブオーラ出しすぎると、こいつに会いたくないなと思われるので)

「社内での自分」ではなく「市場での自分」に意識を切り替える

もう一つ、この外部のコミュニティを持っていて良かったと思えることは、「今の会社での自分=社会人としての自分ではない」と思えたこと。

大したことない経験やスキルも、実は外に出てみたら立派で希少性があったりするし、「環境を変えれば違う力が出せるかもしれない」と心のどこかで思えていたことは、意外と支えになったりします。

(僕の場合、大企業で培ったビジネスマナーや基礎スキル、コミュニケーション力は、ベンチャーや起業家界隈でも意外と求められているんだという発見がありました)

”上司ではなく市場を見て仕事をしろ” という言葉は有名ですが、まさにこのことですね。

今やっていることがもっと広い労働市場でどんな役にたつか?このマインドは持っておくべきだと今も強く思います。

 

2.【自分らしくいられる場所で自尊心を保つ】最も仲の良い友人3人を大切に

本音で語り合える友人が3人いれば、精神衛生は保てる

先ほど述べた、起業家やエリートといった「意識高い系」のコミュニティも大事ですが、そうは言ってもそれだけだとさすがに疲れますね。。だから、ネガティブな部分も含めさらけ出せる友人ももちろん必要です。

人生で本音で語り合える友人ってそう多くないですよね。年齢を重ねれば尚更。

だから、色々語り合うけど最後は「まぁ、大変だけど頑張ろうぜ!」と言って解散できるような関係。

”足の引っ張り合いではなく、一緒に高めあえる等身大の友人” が多くても3人いればいいと思うわけです。

悩んだ時、相談したい時、自分のことをちゃんと分かってくれるヤツがいる。それは厳しい若手社会人時代を乗り越える上で、かなりの支えになっていたと強く思います。

社内で出来上がった「下っ端根性」から離れられる場を持つ

https://twitter.com/ryota0406/status/1142627768250687488?s=20

 

「下っ端根性」というのは、組織の中で自分が一番下っ端の時代に、「自分なんにもできないな。ダメダメだな」と錯覚することを僕が勝手に名付けたものです(笑)

部活の1年生や社会人1,2年目がこれに当たります。

この時期ってどうしても自尊心を保つのが難しい。大学のサークルでは上級生だったのに、いきなり下っ端に逆戻りするわけですからね。

でもこれは客観的に見て、別に自分がダメになったわけではないはずです。大学生の頃よりは確実に進歩してるわけですから。

とはいえ、会社の中だけにいるとどうしてもこの錯覚から抜け出せないし、この錯覚が邪魔をして、知らぬうちに自分にリミッターをかけていることもよくある。だから、この”錯覚下っ端根性” をどこかで中和させるバランス機能が必要なわけです。

それがまさに、学生時代から最も仲の良い友人や、外部のコミュニティだったりするわけです。

 

3.【自分を客観的に見るトレーニングをする】週1で自分と向き合う時間を確保

モヤモヤは吐き出す、書きなぐる、それから整理する

ここまで人やコミュニティを支えにする話をしてきましたが、そうはいっても自分で解決せにゃならんこともあるわけです。

そこで僕がよくやっていたのは、「出勤前後や休日に、ノートとペンを持ってカフェに引きこもる作戦」です。

1時間でも良いから週一はこの時間を設けて、ありったけの思いをノートに書き殴る。デトックスですね。

これだけでも少しは楽になるのですが、効果的だったのはそれを更に体系化、見える化する作業です。

https://twitter.com/ryota0406/status/1133732832457576453?s=20

 

オフィスの空き会議室でやるのはちょっと変態なのであまりおすすめはできませんが(笑)

 

具体的には、書き出した悩んでいることを分類化したり、深刻度の高い順に並べ替えて、整理する。で、それを、

  • そもそもなんでその悩みは発生したのか(原因)
  • 目に見える弊害、症状は何か。どのくらいヤバイいのか(現状理解)
  • 今からどうすれば解決に向かうのか(アクション)

という風に整理していく(当時はこんなにちゃんと考えてなかったけど、いま振り返るとこんな感じ)。

スパッと解決するわけではもちろんないですが、客観的に自分を見ることができるようになります。

「何に悩んでいるかわからない」から「自分はこれに悩んでいて、原因はこれなんだな」まで進化させることで、かなり気持ちに余裕は出てきます。

でも向き合うだけではダメ、進みながら考える(自戒も込め)

向き合う時間を作り、思考の整理をするのは重要です。

ただ、これは僕の反省でもあるのですが、「向き合うだけで進んでない」状態では意味がありません。

具体的には、「自分の理想の人生はこれだ」「いまの環境のここがダメなんだ」と、実現できる未来が遠すぎたり、抽象的すぎたりすると、結局今日、目の前のことから変えていくアクションができていないわけです。これでは理想には近づけない。

だから、向き合ったらちゃんと、

  • 今すぐ変えられることからちょっとずつ着手して、
  • 今すぐ変えられないものは多少目をつぶってでもがむしゃらにやってみる

という風に、ちゃんと進みながら考えること。僕なりの言い方だと「行動と内省のバランス」を保つことが重要です。

 

おまけ:今すぐできはしないけど、やっておいて良かったと思えること

 

これは少し長期視点になりますが、特に僕が海外就職/キャリアの実現に向けて、大きな効果があったと思えるものを紹介しておきます。

 

4.【定期的に理想をアップデートする】半年に一度アジアに行き意思を確認

ワクワクする環境/コミュニティで、五感を刺激しよう

入社間もなく「めっちゃワクワクできる仕事をしてる!」と胸を張れる人はそんなには多くないはず。

もちろん職場でそれができればベストですが、まずは社外でもいいので純粋にワクワクできる場所を持っておくことは、例え辛い日々が来たとしても、乗り切れる原動力になったります。

僕の場合は「いつかアジアで働きたい」願望があったので、出張や長期休みの旅行に合わせて現地に足を運ぶようにしました。

現地の空気を吸い、「自分はやっぱりここに戻って来たい」と勝手にイメージを膨らませる。

今思えば、これを重ねるうちに五感が求めるような願望や実現へのリアリティが湧き、「いつか」が「なるべくすぐに」に変わり、気づけば「具体的にいつまでに」と変化していました。

住みたい場所でも、働きたい人でも、やりたい領域でも、もっと言えば趣味レベルでもなんでもいいと思います。

五感が実際に動かされる場所に足を運ぶことが、何より自分を動かすエンジンになってくれるはずです。

ちなみに、僕が海外転職した際も、自分の気持ちを確かめて生活をイメージするために実際に現地に出向き、五感を刺激したのが決め手になりました。

【参考記事】
海外就職/転職を実現するおすすめ手順・方法(現地でプチ生活してみよう)

ギラギラは内側に持っておけばOK

社会人2,3年目になると、

「あいつは学生時代にギラギラ野心むき出しだったのに、落ち着いたな」

というフレーズが流行り出します。

確かに、理想や本心を失うのは怖いことですが、年齢も重ねるのだから、変わるのは当たり前。

だし、野心なんて別に無理やり外に出す必要はないと思っています。

無理に尖ろうとしないで、周りになんと言われようと自分の中で青い炎に薪をくべて、静かに育てていけばいいのです。

 

まとめ

最後に、今日お話したことのおさらいをしておきます。

【刺激しあえる環境を外部に持つ】
・志高い起業家、実業家の友人を持つ
・社外で活躍する同年代と情報交換する
・大いに嫉妬しろ!

【自分らしくいられる場所で自尊心を保つ】
・最も仲の良い友人3人を大切に
・愚痴だけで満足せず、「まぁ頑張ろうぜ!」と言い合える関係を

【自分を客観的に見るトレーニングをする】
・週1で自分と向き合う時間を確保する
・考えたら小さくてもアクションを
・行動と内省をバランスよく

【定期的に理想をアップデートする】
・ワクワクする環境やコミュニティで五感を刺激する
・妄想は少しずつリアルなプランに落としていく

今すぐできることから着手して、ちょっとずつ良い方向に持っていきましょう!

-人生観/雑記, 海外就職/キャリア
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【環境を変えるのに立派な理由は必要?】自分が整う場所で生きて行く(海外移住/転職)

「今いる環境が本当に自分に合っているのか?」「このままやって理想に近づけるのか?」 こんな疑問を持っている人は多いと思います。 この記事では、そんな風に思い悩める人に対して、「環境を変えるのに立派な理 …

【近況報告】転職しました。やりたかったことを仕事にします。

  Ryota(@ryota_asia)です。お久しぶりです。 最近めっきりブログの更新やらTwitterでの発信が減ってしまっておりました。 ぼくは普段、おもに「海外キャリア/海外就職」に関する情報 …

【海外就職は未経験でもできる?】小さくても良いから『業界経験』をつけよう

「海外就職にベストなタイミングってあるのだろうか?」 ・新卒で飛び込むべきか? ・まずは経験、スキルをつけてから? 海外志向のある就活生、若手は誰もが考えることでしょう。先日もこんな質問をいただきまし …

【海外で生きるための心構え】現地ローカルを味方につける

先日、2社目の会社を退職しました。 ありがたいことに、たくさんのベトナム人の同僚や友人たちが送別会を開いてくれました。 僕はこれまで海外3カ国での勤務経験がありますが、本当に毎回たくさんのローカルの仲 …

【海外就職でキャリアアップは可能?】現地で人脈、ポジションを築く(アジア/現地採用)

  どうも、@ryota0406 です。 このブログでは主に海外就職・キャリアアップをテーマにしていますが、 「自分の意思やタイミングで海外に出て、実績をあげ、キャリアを作っていく」 って、 …

About Author

Ryota@アジアでキャリアを創る

タイ・バンコク在住。戦略コンサル→海外就職メディア「アジラボ」運営&キャリア支援。20代で4カ国勤務の経験から『海外で働く・生きる』のリアルを発信 ■大学純ドメ体育会→挫折&留年→バックパッカーで覚醒→NTTインド駐在→DI戦コン ■キャリア相談もお気軽に